包茎に悩んでいる方へ




「包茎・早漏・大きさ」この三つが青年男性の大きな悩みです。しかも、他人に相談するのが恥ずかしい悩みです。

できれば誰にも気づかれることなく、解決したいものです。

直接専門医に行くのも勇気がいるものです。


包茎の種類




包茎には以下の種類に分類できます。

自分に該当する包茎を確認しましょう。


真性包茎

平常時に包皮をむくことが出来ないない状態を真性包茎と言います。

原因としては、包皮と亀頭の癒着や包皮口が小さいことなどがあります。

癒着の場合は、自分ではがせる可能性があります。

入浴して包皮をふやけさせ、お湯につけたままゆっくり包皮をむいていきます。痛みを感じたり、血が滲む場合はすぐに止めてください。

無理は厳禁です。三カ月程度を目途にするのが良いでしょう。

無理な場合は診療機関に受診しましょう。


嵌頓包茎

平常時に包皮がむけるが、むいた状態で勃起すると包皮にペニスが締め付けられる状態を嵌頓包茎と言います。


仮性包茎

平常時は包皮が亀頭を被っているが、勃起すれば亀頭が露出する状態を仮性包茎と言います。

また、勃起して包皮がむけていなくても、手で容易にむける状態も仮性包茎と言います。

仮性包茎の場合は、そのままでも特に問題はありません。

むけている状態を、如何に保持するかが大切です。


包茎手術の費用は





健康保険の適用

真性包茎・嵌頓包茎の場合で、「病気」と判断されれば健康保険が適用されます。

仮性包茎の場合は、健康保険の適用はほとんどされません。

「生活に支障をきたす」これが適用か否かの判断基準となっています。

健康保険の対象になるのは泌尿器科での手術の場合です。

形成外科等の専門病院は、健康保険の対象外となります。


保険使用時の費用

手術の内容にもよりますが、1万円~3万円程度になります。


自由診療時の費用

こちらも手術の内容によりますが、安くても5万円からで20万円を越えることもあります。

自由診療で手術を行う場合は、費用についての確認を必ず行って下さい。


診療を受ける病院は




泌尿器科(手術を受けるには外科が必要)のある病院・診療所等。

形成外科の専門病院(一般に美容外科といわれる病院・クリニック等)。


近くにある泌尿器科に行くのが一番簡単です。

しかし、包茎治療の専門では無いので一抹の不安があります。

その点、包茎治療の専門医は、経験も豊富で安心感がありますね。

メールで相談できたり、WEBでの予約ができるもの魅力です。


専 門 医 特  徴
WEB限定割引
無料カウンセリング
最短30分での日帰り治療 
  学割あり
無料メール相談
  オータムキャンペーン実施中
WEBからの予約で5%割引
  無料カウンセリング予約
年間治療実績11,688人(2011年度実績)
  未成年者お支払い優待制度あり
アフターケアは無料